多言語マニュアルのトリセツ

多言語マニュアルのトリセツ


コンテンツトピック

  • ・トリセツの多言語化
  • ・日本語版の見直し
  • ・基軸言語は英語
  • ・翻訳作業の工程
  • ・多言語展開の問題解決

 

自社の製品を海外に向けて展開する場合、
製品マニュアルをその国の言語に翻訳しなければなりません。

それでは、ただ翻訳を依頼して、受け取った訳文に入れ替えればよいのでしょうか?
実は、一口に「翻訳」と言っても、
製品マニュアルを多言語化するには多くの段階を踏む必要があります。
また、各段階においても、様々な工程が必要になります。

この資料では、どのような段階を踏んで多言語マニュアルを制作しているのか、
また各段階でどういった作業工程があるのかを、
ステップと制作フローという2つのテーマに沿ってご紹介いたします。