「見づらい」を「見やすい!」に変えるレイアウトデザイン

見づらいを見やすいに変えるレイアウトデザイン

わかりやすいマニュアルの条件のひとつとして、

「見やすい」レイアウトであるということが挙げられます。

少々難しい内容であったとしても、レイアウトが見やすければ、
読み手も疲れにくく、頭に入りやすくなります。

逆にレイアウトが煩雑で読みにくいものであると、
内容がスムーズに理解しづらく、読む気も失せてしまいます。

レイアウトが煩雑なわかりづらいマニュアルには、以下のデメリットが挙げられます。


問い合わせの増加

メーカーへの不信感

◆ 誤読による操作誤り、事故


これらの問題を解決するためには、どうすればよいのか?
マニュアルを見やすくするレイアウトテクニックを5つご紹介します。

 

>