お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
06-6676-1900

お役立ち資料ダウンロード

ただただコストを下げたい方、
でもどうやって下げたらよいのか困っていませんか?

弊社のお客様ではよく以下のようなお悩みを抱えております。

①ただただ記載しておかないといけないと思って書いてると分厚くなってしまって印刷コストが高いけど、書くことを減らせるかわからない

②マニュアルが分厚くて、制作費も校正も高いけど、薄くする方法がわからない

③サイズが大きくて、製本代や印刷コストが高いけど、サイズを小さくする方法がわからない

④色数を減らして印刷コストを下げたいけど、減らせるか心配

⑤お客様からの問合せが多くて、印刷コストよりも高くなるかも知れないから心配

このようなお問い合わせは、貴社にとって
以下のような不利益を発生させております。

①説明書を読んでもらえずトラブルに繋がって、お客様も自社にも不利益となってしまう

②製品の良さをわかってもらえず顧客離れの原因になってしまう

③コールセンターの人件費増加に繋がってしまう

④本来やるべき仕事に支障をきたす

このようなお困りごとを解決するために弊社では、
「コスト削減サービス」をご提案させて頂いております。

「コスト削減サービス」では、テクニカルライティング技術、認知心理学、応用人間工学、行動心理学に基づき、弊社独自の7つの視点で詳細にヒアリングさせて頂きます。
現状の課題が発生してしまう原因分析を行った上で、貴社の課題解決に繋がるマニュアル制作の企画提案から制作までワンストップでサポートさせて頂いております。

これまでには以下のような解決案を提示してきました。

ケーススタディ①

同じような記載内容を統廃合し、文字量を減らしたらページ数が減った

ケーススタディ②

基本項目だけを記載し、応用項目はWEBマニュアルにすることで、ページ数が減った

ケーススタディ③

製品自体の改善と記載方法や記載内容を見直したらページ数が減った

このようなご提案によって多くのお客様のもとで、マニュアルの無駄なページ数を減らし、チェックのかかる時間の削減と印刷費のコスト削減、そして、お客様の不満も軽減されるといった成果を出してきました。
マニュアル制作のトリセツでは、マニュアルを改善することにより印刷コストを減らすサービスを提供しております。

コストを削減するための方法について、まずはお気軽にご相談ください。

多言語マニュアル制作のコスト削減

多言語展開されるマニュアルを制作するとき、一本土台となる一冊を作り、それをアレンジしてその仕向地(国)ごとのマニュアルを制作する方法を取ることがあります。その際、仕向地特有で載せなければならない法規制の文章があれば載せたり、電化製品で使用不可の機能やメニューがあればその記載を削除したりします。その方が効率よく多言語マニュアルを制作することができます。

また大筋は同じだけど、ちょっとした差異のあるマニュアルを複数制作する場合、組版ソフトのフレームメーカーやインデザインにあるコンディショナルテキスト(条件テキスト)設定が非常に便利です。コンディショナルをあらかじめテキストに設定しておけば、仕向地ごとに必要または不要な文章を設定で簡単にデータ全体に対して表示/非表示を行えます。またイラスト枠にコンディショナルを設定しておけば、イラストに対しても表示/非表示の切換えが行えます。

円滑なデータ作成のためにちょっとした工夫が必要です。

翻訳コストを減らしたい・・・

翻訳の再利用で、翻訳コストを削減

  • ・一度翻訳した文章を、「翻訳メモリ」というシステムで管理します。
  • ・同じ文章がでてくる箇所は、何度も同じ訳文を自動的に使うことができます。
今までは、そのつど、翻訳会社に翻訳依頼
  • ・翻訳コスト増
  • ・表現の不統一
  • ・データ管理が煩雑に・・・
  • ・誤って翻訳されてしまうリスク増
 
再利用すれば、品質向上、効率化に!
  • メリット1翻訳コストの削減、翻訳期間の短縮
  • メリット2表現の統一による読みやすさの改善
  • メリット3誤訳のリスクを低減

コストを削減することによって貴社の業績アップに貢献出来ます。

お電話でのお問い合わせは下記まで

06-6676-1900

「マニュアル制作のトリセツを見ました」
とお伝えください。

電話受付時間
平日10:00-17:00(12:00-13:30除く)
土日祝を除く。