お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
06-6676-1900

お役立ち資料ダウンロード

翻訳した後、別の担当者で原文と訳文を
改めて最終確認する工程はありますか?

このようなチェックは「プルーフリーディング」と呼ばれています。
ドキュメントが仕上がった後の確認工程なので、二の次になってしまうかもしれません。
また、こんな事情もあるのでしょうか。

1. 翻訳段階でチェックしているから大丈夫!

2. 納期も費用もない!

3. 作業者がいない

このプルーフリーディング、もしレイアウト後の原文、対訳でチェックしてみると
以下のような問題も見つけられます。

1. イラストのキャプションで、内容がちぐはぐ・・・

2. レイアウトと、文体がイマイチ一致しない

3. 本文と、イラスト内の文言で不一致が・・・

原文の文意が文法的に正しく反映されているか、
スペルミスが混在していないか、
ドキュメント品質の根幹にある翻訳品質をブラッシュアップして、
制作する外国語ドキュメントをより活かしていきませんか。

納期や費用が無い場合、たとえば新規翻訳箇所のみに絞る、等の対応も可能です。
まずはお気軽にご相談ください。

翻訳品質を確かなものにすることで、ドキュメントの品質UPにつなげます。

お電話でのお問い合わせは下記まで

06-6676-1900

「マニュアル制作のトリセツを見ました」
とお伝えください。

電話受付時間
平日10:00-17:00(12:00-13:30除く)
土日祝を除く。