お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
06-6676-1900

お役立ち資料ダウンロード

新商品のカタログや取扱説明書用に使う商品が手元になく
撮影できずに困った事はありませんか?

新商品は販売まで何度も細部の形が変わるので、撮影できる商品がなかなか手元にこない事が多いです。
また、撮影はできたが、思っていた角度と違い見えにくい写真になってしまい、再撮影する事になってしまった経験などありませんか?

このように撮影がうまくできずにいると、カタログや取扱説明書の作成で以下のような問題がでてきます。

①手元に最終形の写真がないため、写真と説明が違ってしまっている。

②説明したい箇所の写真がないため、説明がうまくできない。

③再撮影の時間とコストがかかってしまう。

その結果

①最終形の確定後の撮影となりコストと時間がかかる

②説明箇所の校正に時間がかかり、品質が下がる恐れがある

③不要な角度の写真なども余計に撮影することで、コストがかかってしまう。

などなど

このような方に弊社では、
写真のような「3Dイラスト」をおすすめしております

3Dイラストは設計のCADデータを元に、実際の商品の様な質感を付けることで、撮影した商品のような画像データを作成できます。

3Dイラストのメリット

①CADデータからスピード作成

設計の3DCADデータがあれば、実際の商品ができあがる前に、3Dイラストが作成可能です。
カタログや取扱説明書などの商品写真もすぐに用意できます。

②角度自由自在

一度作成された3Dイラストは自由に角度を調整できます。
説明の箇所が見えにくい時は角度を変えるだけで、直ぐに写真データを用意できます。

③明るさや色も自由に変更

実際の商品では、撮影で影になってしまう箇所も、3Dでは影をなくし、細部を見せる事も可能です。
また、カラーバリエーションを同じ角度で撮影しなくても、3Dデータからカラーバリエーションを作れます。

3Dイラストで今までより時間短縮と品質アップが可能です!

【Aさんの場合】

以前は試作品の商品を撮影し、レイアウト確定後に再度最終形の商品を撮影するなど、二度手間でしたが、3Dイラストを使用することで撮影の手間は無くなりました。
コストも削減できたので、お客様にも喜ばれています。

【Bさんの場合】

商品の角度によって見えにくかった箇所も、自由に角度を変えられるので、伝わる写真になりました。

【Cさんの場合】

ライティングも自由に変えられるので、どうしても影になって見えにくい細部もはっきりと見せる事ができました。
実際の商品撮影では不可能な見せ方ができるため非常に重宝しています。

3D CAD関連 保有ソフト・
読み込み可能データ形式一覧

メーカー ソフト名称 バージョン
Autodesk Inventor 2017
AutoCAD 2017
3ds max 2017
Lattice Technology XVL Standard 16
Think3 Think Design 2017
Robert Mc Neel & Associates Rhinoceros V5

読み込み可能なデータ形式

Inventor, AutoCAD, 3ds max, Think Design, Rhinoceros, IGES, STEP, CATIA V5, Creo Elements(旧 Pro-E), Unigraphics, XVL, VRML, Parasolid, ACIS, STL

開発CADデータを活用するサービスによって
貴社の業績アップに貢献出来ます。

お電話でのお問い合わせは下記まで

06-6676-1900

「マニュアル制作のトリセツを見ました」
とお伝えください。

電話受付時間
平日10:00-17:00(12:00-13:30除く)
土日祝を除く。