複合名詞にご用心!

投稿日:2018年10月09日
カテゴリー:
投稿者: マッサン

「消費税簡易課税制度選択不適用届出手続」なるものがあるそうです。要するに、簡易課税制度の選択をやめようとする場合の手続だそうです。
あまりにも長い名詞は、非常に難解です。
何が何にかかっているか、分かりにくくなります。
そのため、日本語の説明書に、このような記載は避けた方がよいです。

また、そこからの翻訳を考えても避けた方がよいでしょう。英語でも、日本語と同様、名詞をつなげた複合名詞(noun clusters)は存在します。しかし、欧州の航空宇宙産業のスタイルガイド、ASD-STE100では、3ワードを超える複合名詞は避けるよう推奨しています。
たとえば、
Runway light connection resistance calibration
のような5ワードの複合名詞ですと、最後のcalibration(キャリブレーション、較正)が、いったい、何の較正なのか、分かりにくくなります。

さらに、英語から多言語に翻訳される際、英語の意味が多義的ですので、誤訳の温床になります。ドイツ語ですと、名詞と名詞の間にはハイフンを入れますので、ハイフンだらけになってしまい、読みづらくもなります。

スペースを節約しようとして、日本語は詰めすぎる傾向にあります。編集の都合を優先させすぎていませんか?いま一度、読みやすさを意識してみてはいかがでしょうか。

翻訳サービス
 

お電話でのお問い合わせは下記まで

06-6676-1900

「マニュアル制作のトリセツを見ました」
とお伝えください。

電話受付時間
平日10:00-17:00(12:00-13:30除く)
土日祝を除く。