DTPの初歩!

投稿日:2017年04月17日
カテゴリー:
投稿者: SN

今回はDTP業務のとても初歩的な説明をさせて頂きます。
DTPとは、Desk top publishing(デスクトップ・パブリシング)の頭文字です。
日本語では卓上出版という意味で、
書籍、新聞などの編集する際に行う割り付けなどをPC上で作業し、プリンターで出力する事です。

取扱説明書をDTPする際は主に下記のツールを使用します。

InDesign(インデザイン)
ポスターから取扱説明書の作成まで使用できるページレイアウトとデザイン
どちらもあわせ持つツールです。

Illustrator(イラストレーター)
ポスターやチラシなど比較的ページ数の少ない印刷物に使用されます。
また取扱説明書のイラスト作成の際にはとてもよく使用されるツールです。

FrameMaker(フレームメーカー)
大規模な構造化および非構造化コンテンツを効率よく作成、更新、管理できる
ページ数の多い取扱説明書の作成に長けた、
日本よりヨーロッパでの普及率がとても高いツールです。

他にもQuarkXPress(クォーク・エクスプレス)など色々とDTPツールはありますが、マニュアル制作のトリセツでも上記にあげた3つを主として取扱説明書を作成しています。
この3つのツールを使い分けてDTPオペレーターがテクニカルライターから頂いた原稿を元にお客様のご希望にそった取扱説明書を作成するお手伝いをさせて頂きます!

お電話でのお問い合わせは下記まで

06-6676-1900

「マニュアル制作のトリセツを見ました」
とお伝えください。

電話受付時間
平日10:00-17:00(12:00-13:30除く)
土日祝を除く。