見やすいレイアウトのフォント

投稿日:2017年09月13日
カテゴリー:
投稿者: やまちゃん

見やすいレイアウトの1つとして、フォントの適切な選び方や使い方についてご説明させていただきます。
マニュアルに限りませんが、印刷物全般のフォントを決める際に役立ちますので、是非参考にしてください。

1、フォントの系統を決める
フォントの系統とは、【明朝体】【ゴシック体】【丸ゴシック体】などです。
 ・明朝体は、高級感、伝統、格式、繊細など
 ・ゴシック体は、信頼、安心、モダンなど
 ・丸ゴシック体は、親しみ、優しい、可愛い、楽しいなど
伝えるべき内容や商品によって系統を決めていきます。
系統が決まると、さらに細かく同じ系統の中でフォントを絞り込みます。
ゴシックであれば、ヒラギノ、小塚、新ゴなど。

2、フォントのウェイトを決める
一般的に1つのフォントには複数のウェイトと呼ばれる、文字の太さ違いがあります。
L<R<M<B<H と順番に太くなります。
細いフォントは繊細、女性的なイメージで太いフォントはパワフル、男性的なイメージとして使用されます。

3、文字間と行間を決める
文章の文字と文字の間を文字間、行と行の間を行間といいます。
それぞれ狭いと、パワフル、元気なイメージで、広いと、繊細、おおらか、ゆったりとしたイメージとなります。
ですが、狭すぎや広すぎでは、イメージとかけ離れ読めなくなってしまいますので注意が必要です。
組版的な紙面での行間は文字の高さの50%〜80%くらいが読みやすくなります。

フォントの数は日本語だけでなく欧文を含めると無数にあります。
使用目的や商品特長などにあった最適なフォントもご提案いたしますので、是非ご相談ください。

お電話でのお問い合わせは下記まで

06-6676-1900

「マニュアル制作のトリセツを見ました」
とお伝えください。

電話受付時間
平日10:00-17:00(12:00-13:30除く)
土日祝を除く。