Adobe Readerで注釈機能を使用するには

投稿日:2018年10月23日
カテゴリー:
投稿者: SG

Adobe ReaderでもAcrobat Proと同様の注釈機能を使用できる方法があるのをご存じですか?
マニュアル制作に限らず、DTPを長年している方でもご存じない事がありますので、その方法をご紹介します。すごく簡単な事ですが、ひとつだけ条件があります。
Acrobat Readerで注釈機能をフル使用できるようにするには、Acrobat ProでPDFを保存する必要があります。
Adobe Readerだけではできないのかぁと思われたと思いますが、DTPでPDF作成される場合、Acrobat Proをお持ちかと思います。また、こちらはAcrobat Proを使用しているけど、校正者がAdobe Readerしか無い環境もあると思います。
長々と説明してきましたが、そろそろ設定のしかたを説明したいと思います。

■Adobe Reader様に注釈機能を付与して保存する
1) ファイルメニュー「その他の形式で保存」を選択します。
2) 「Reader拡張機能が有効なPDF」を選択します。
3) 「注釈とものさしを有効にする」を選択してファイルを保存します。

■Adobe Readerで保存したファイルを開く
1) Adobe Readerで先ほど保存したPDFを開きます。
2) 注釈パネルを開きます。

いかかでしたでしょうか?PDFを保存するだけで使用可能になります。
それでPDFで注釈機能を使いこなしての校正、ぜひトライしてみてください。

お電話でのお問い合わせは下記まで

06-6676-1900

「マニュアル制作のトリセツを見ました」
とお伝えください。

電話受付時間
平日10:00-17:00(12:00-13:30除く)
土日祝を除く。