寸法チェックにものさしツール活用のススメ

投稿日:2019年02月19日
カテゴリー:
投稿者: SG

取扱説明書や注意銘板、パッキンケースに使用するロゴなどで寸法が規定されている場合がありますね。皆さん、そんなときはどのように寸法チェックをされていますか?

制作物をプリントアウトして、ものさしを使用して目視で寸法チェックしたのち、色鉛筆やマーカーでレ点チェックをしているのではないでしょうか?

このチェックでも十分確認がとれており、校正者からのOKが出ており校正紙を提出する流れになります。その校正紙を受け取った担当者は、制作された版下の承認するためにここでもものさしを使用して寸法チェックを行います。

ふと、思いませんか? 誰かが寸法チェックした結果がわかれば良いのにと!
それがエビデンスとして記録に残せればと!

そんなときに便利なのがAcrobat Proで使用できるものさしツールです。

では、次のような図面指示に対して、パッキンケースに印刷するためのデータを作成したとします。※書体指示は省いています。

■図面

■版下データ


では、PDFを「Acrobat Proものさしツール」でチェックしていきましょう。
1)まずは定規を表示します。




2)表示した定規からガイドラインを引きます。




3)続いてものさしツールを開きます。




4)ものさしツールを選択します。




5)ツールの条件を選択します。「測定タイプ」の「距離ツール」を選択します。スナップの種類はすべて選択されている状態で良いです。




6)スナップする始点と終点を選択して距離を測定します。


7)引き続き残りの計測をしていきます。

すべての計測が終わると、これを保存してエビデンスとします。

どうでしょうか?計測した値が表示されるため非常にわかりやすいですよね?

気づきかれた方もいると思いますが、2箇所指示通りにできていないところがあります。修正があれば計測した値の箇所に〇囲みをして修正指示をします。その場合は修正ができたら以前にも紹介した注釈の取り込みを使用して修正した箇所のみ計測し直すと正しい状態でのエビデンスができあがります。

確認依頼をするときに計測した実績とともに版下データを提出してみてはいかがでしょうか?

この他にもPDFの便利な使い方を紹介していければと思います。次回のブログもお楽しみに。

お電話でのお問い合わせは下記まで

06-6676-1900

「マニュアル制作のトリセツを見ました」
とお伝えください。

電話受付時間
平日10:00-17:00(12:00-13:30除く)
土日祝を除く。